STAY-FOOLISH.COM

インターネット業界に居るのですが、情報収集ばかりで、”発信” 出来て無いなぁと思い、一念発起してみました。

チームワークとは【競争における究極の武器】チームワークの5つの錬金法を学んだ件

      2016/07/02

ad_kijishita_pc

スポンサーリンク

Eights in Georgia|Peter|https://goo.gl/d7McOsEights in Georgia|Peter|https://goo.gl/d7McOs

現状のチームに何らかの “課題やモヤモヤ、憤り” を感じていて「カイゼンしたい!強いチームになりたい/作りたい!!」とお考えのみなさま、こんにちは。

かくいう僕も、四十数年生きてきて、チームで色々な体験をしてきました。

  • 小学校の学芸発表会で、6人ぐらいのチームで一体感を持って発表内容を考え、練習し、感動される発表が出来た
  • 中学校の部活(卓球部)で、自分達が 1 期生であり、なんの土壌も無い中で自分たちが主体となり、後輩達の指導にあたり、3 年間で県大会に出場出来るまでになった
  • ソフトウェア開発プロジェクトにて、あり得ないような前提条件のなか、無事、成功を収めた
  • 新規WEBサービス事業立上げにて、未経験のたった 2 名から始めたプロジェクトで年間 8 億程の売上を叩き出す事業に成長させることが出来た

また、上記のような成功体験とは、逆の「失敗体験」も数多く経験してきました。

仕事にしろ、スポーツにしろ、芸術的なことにしろ…

複数人でチームを組んで何かを成し遂げる時には「チームワーク」がとても大切 になってきますよね。

でも…

そもそも、チームワークとは何なのか?
チームメンバーの仲が良ければそれがチームワークなのか?

どうやったら、僕らは強いチームになれるのか?
どうやったら、僕は強いチームを作れるようになるのか?

強いチームの特徴とは何なのか?

など、色々とモヤモヤしている中で出会った本が、この「あなたのチームは、機能していますか?」という本でした。

この本は、今まで自分がモヤモヤしていた事を、ドキドキわくわくするような物語の中で、はっきりと言語化/モデル化して示してくれました。

チームやチームワーク/組織や組織運営について、課題を感じ、カイゼンしたい!と思っていらっしゃる方には、最高にオススメ出来る本だと思ったので、ご紹介します。

でわでわ、いってみましょう〜〜〜♪

スポンサーリンク


    

何故チームワークが必要か?

先ず最初に、何故、チームワークが必要になってくる のでしょう?

この本では、著者である「パトリック・レンシオーニ」さんや、その友人で、会社を興して年商 10 億ドルの企業に育てた方の下記のような格言が紹介されています。

個人の力では、到底なしえないことを実現するため

組織のすべての人間に同じ方向を向かわせることができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも、圧倒的な優位に立てる

チームワークが必要になってくる理由は、競争において…

最も根底的で、

本質的で、

唯一無二な、究極の武器が「チームワーク」 だから。

という事でしょう。

    

チームワークとは?

チームを形成するとき、先ず一番最初に「人を集め」ます。

けども、人を集めた だけでは、チームとして機能しません。

このことは、B.W. Tuckman という心理学者が提唱したモデル、タックマンモデルでも言われています。

  1. 形成期:人が集まるが未だお互いのことをよく知らない、目標や課題を共有する時期
  2. 混乱期:メンバー間で価値観やお互いの考えがぶつかり合う嵐のような時期、課題を解決するアプローチを模索する時期
  3. 統一期:メンバーがお互いの価値観や考えを受け入れ、目的や役割分担などが一致する時期
  4. 機能期:チームに一体感が生まれ、チームの力が目標達成に向けフォーカスされる時期

集まった人が「形成期から混乱期、統一期を経て機能機に入れる」ようにし、1 + 1 を 2 ではなく「3 にも、4にも」させちゃう為に必要なものがチームワークだと思います。

チーム = 集まった人 + チームワーク

っということになるでしょう。

    

チームワークを高める錬金法

では、どうやったら、チームワークを高めることが出来る のでしょう?

この本では、チームワークが高い状態にあるチームの特徴が、下記のように紹介されています。

  1. お互いを信頼する
  2. 遠慮することなく衝突する
  3. 決定事項に責任感を持って取り組む
  4. 決定事項を守らなかった場合、互いの責任を追求する
  5. チーム全体の結果を達成することを重視する

うん、至極、単純なことですよね。

各自の仕事にかまけてチーム全体としての結果に対して無責任になってしまう

でも、至極単純であっても、これら全てを実行できているチームは、なかなか存在しないのではないでしょうか?

チーム全体の結果よりも、自分のこと、つまり、自身のキャリアップ、スキルアップ、評判などを優先させてしまう。

  

説明責任を回避してしまう

決定事項を守らなかったメンバーに対して…

「いつも自分の仕事を助けてもらっている」とか

「あの人は別のチームの仕事も持っているからしょうが無いだろう」とか

はたまた「年上だから」「今は家庭が大変なときだから」

などなどの事を理由に「決定事項を守らなかった/守れなかった事への責任追及」の手を緩めてしまう。

  

衝突をさけて不満があっても意見を言わない

「反対意見を言うと、あの人は拗ねちゃうから…」

「物事のマイナスな面を言うと、何か不満があるのか?反対なのか?と建設的な対話が出来なくなってしまうから…」

「間違いを指摘すると、黙りこんで対話にならないから…」

「あの人と衝突すると、今後の人間関係がギクシャクしそうで…」

など、、、不満や反対の意見を持っていても、ちゃんとその人と向き合って、遠慮なく衝突することを避けてしまう。

  

チームワークを高めるための5つの錬金法

やー、、、、悲しいかな結構思い当たるふし、ありますよね?

この本では、このような状態にある チームワークをカイゼンし、チームワークを高め「競争における究極の武器であるチームワーク」 を手に入れる為に、組織がチームワークを高めるのに失敗する、5つの機能不全をモデル化し、それへの対処方法を示してくれています。

  1. 信頼の欠如(完全無欠)
  2. 衝突への恐怖(表面的な調和)
  3. 責任感の不足(あいまいな態度)
  4. 説明責任の回避(基準の低さ)
  5. 結果への無関心(地位と自尊心)

詳細は、ネタバレになっちゃうので伏せますが…

本の全体感と、個人的な感想を。

    

あなたのチームは機能してますか?の全体感

本書の大部分(200ページ程)は、ストーリー仕立てで書かれています。

ディシジョンテックという会社の状況が悪化する中、新たにCEOに就任したキャスリンのもと、徐々にチームとして機能していく過程が描かれています。

そして、最後の巻末部分の40ページ程で、ストーリーの中にも出てくる「5つの機能不全のモデル」と「チームの機能不全レベルをチェックする為のリスト」、「機能不全への対処方法」が解説されています。

最後の解説もわかりやすくて勿論オススメなのですが、ストーリーも自分の周りの状況と、重ねることが出来るような、現実味のある内容になっており、吸い込まれるように数時間で読みきっちゃいました。

サクサクっと気持ちよく読めちゃいますし、チーム作り/チームビルディング 関連で最初に読む 1 冊としては、かなりオススメの本です♪

    

あなたのチームは機能してますか?の感想

この本を読んで、個人的な経験と重ねてみて、僕が 1 番気をつけようと感じた感想は、下記のとおりです。

  

建設的な衝突をする為に、先ずは「信頼関係」に最大限の注意を払うこと

この本でも、一番重要なのが「信頼」だと言っています。

そして、信頼関係を築く為には…

「人間は、完全無欠ではないことを知ること」
「自分の弱みを、相手に見せること」

この 2 つが重要だと言っています。

僕は、普段から周囲に対して、結構あっけらんと「自分の弱み」をさらけ出す方だとおもいます。
自分に弱みがあるから、人間は完全無欠では無い ことも分かります。

・・・が、どうなんでしょう?

それでも、やっぱり苦手なタイプの人も居て、その人に対しても同じように「自分の弱み」をさらけ出せてるか?
そういう人とも、信頼関係を築けているか?

っというと、すこし、自信がありません(笑)。

ここは、僕自身がカイゼンせにゃいかんところですね。

苦手かなぁーっという人にも、意識して「自分の弱み」をさらけ出すこと。

そして、この本にも紹介されているワークショップの例のように、個人的なことも含めた「自分の歴史」を話してみることが自分には合ってるような気がするので、やっていこうっ!と思います。

この本の中で「お互いを信頼してないと、腹を割って建設的な意見のぶつけ合いをしない。そして表向きの調和を守ろうとするだけ」っと、キャスリンも言っています。

これは、本当に身にしみます。

非常に難しい事ではありますが、誰とでも、建設的な “衝突” をし、強いチームワークを形成する為にも、信頼関係を今以上に意識したいなぁと強く思います。

 - 子育て・チーム作り ,